So-net無料ブログ作成
検索選択

谷将貴のゴルフ非常事態宣言 [谷将貴のゴルフ非常事態宣言]

WS000000.JPG


この谷将貴のゴルフ非常事態宣言は、アメリカでのゴルフ留学で最先端のスイング理論をマスターし、

これまで延べ30,000人以上のゴルファーの飛躍的なスコアアップを実現させてきた谷将貴さんの監修です。


その中には、04年、05年、06年、と連続して賞金王に輝いた片山晋呉プロも入っており、

谷将貴自身も3年連続でJGTOベストサポート賞(※)に選出されました。


JGTOとは「日本ゴルフツアー機構」の訳で、その中でのベストサポート賞というのは、コーチ、

またはゴルフレッスンプロにとって、非常に名誉ある賞(最高位の賞)と言っても過言ではないくらいの特別な賞です。


詳しくは こちらから ↓
谷将貴のゴルフ非常事態宣言


「ティーショットで、毎回スライスしてしまう・・」


「アプローチの距離間もつかめず、アイアンの精度も一向に上がらない・・」


「ヘッドスピードが遅く、芯に当たっていないため、飛距離がまったく出ない・・」


「ボールを上げようと意識すると、決まってトップしてしまう・・・」


「飛ばしたい時に限って、必ずダフってしまう・・」

などなど・・・、こんな状態から何年も抜け出せずに伸び悩んでいませんか?


すべて、今あなたが常識として信じているゴルフ理論に原因があるでしょう。


一般的にアマチュアゴルファーの最終目標でもある平均70台のシングルプレーヤーなるためには、

毎日の自己練習はもちろん、 最低でも年間30回以上のラウンド数を回らなければならないと言われています。


さらに、そこまでしてもシングルになるまでに約3~5年の時間がかかり、

膨大な時間と莫大なお金を費やさなければゴルフは上達していかないというのがこれまでの常識でした。


詳しくは こちらから ↓
谷将貴のゴルフ非常事態宣言


しかし、それは以前までの古いゴルフ理論での話です。


実は今、多くのゴルフプレーヤーたちが時間やお金を費やさずに、

短期間で飛躍的にスコアを縮めています。


とてつもないスピードで上達する人たちが続々と誕生しているのです。


また、ゴルフ歴がたった3年で72のパープレーで回ってしまうなど、

とんでもないアマチュアゴルファーまで出現しているくらいなのです。


もちろんこれは、その人たちが一般の人よりも時間やお金に恵まれ、

ゴルフに集中できる環境が整っていたからという訳ではありません。


詳しくは こちらから ↓
谷将貴のゴルフ非常事態宣言







共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。